09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

両親うちに来る(1)

2016.07.24 (Sun)

連日セミの鳴き声の大合唱!
暑い日が続いております。
皆さまお元気でお過ごしでしょうか。


ブログから遠ざかっていた間もご訪問してくださった方々、ありがとうございました。
またまた間が空いてしまい、申し訳ありません!
何度もご訪問してくださった方々、ご心配かけてたらごめんなさい!!!


両親が大阪に来て休んでいた間の溜め込んでいたお仕事に思いのほか時間がかかり、ブログに向き合う時間が取れませんでした。

そして、育休でお休みされている方の代わりに来て頂いていたパートの方がお辞めになる事になり、急遽募集。
やっと次の方が決まり、ホッとしているところです。
この育休の欠員、とってもダメージが大きい^^;

こんな状態で、もしも両親が大阪に住む事になったらどうなるのか。
どこまでサポートができるか、かなり不安です^^




両親が大阪に来た日々が遠い記憶になってしまいました。
今、心に残った出来事、感じた事など残しておこうと思います。



☆ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー☆




久しぶりに私んちに来た両親。
歩くのが不自由なのに、いろんな事に興味津々の父は家の中をウロウロ。
カメとのご対面は、「大きなったなぁ!」と喜びの声をあげていました。
そんな小さな事にも時の流れを感じて感慨深げでした。

長旅で疲れたのか、一息ついたら二人ともすぐにお昼寝タイムで。
そんな両親を見るにつけ、仕方がないとは言え、老いを受け止めざるを得ない様子に悲しくなりました。

食事の用意も以前は母と一緒に台所に立っていたのですが、今回はそんな様子もなく。
二人がお昼寝している間に一人夕食の準備。

食事の量も二人ともとっても少なくなっていて・・・以前とはいろんな面で変化を感じ、帰省していた時にはわからなかった事の発見も多く、来て貰ってよかったと思いました。

両親が来ている間、夫は長期の不在。
この長期の不在がなければ、この機会を設ける事もできなかったので、ホントにいい機会になりました。
この間、私はお仕事をお休みし、どっぷりと両親と向き合う事ができました。


一日目でドキドキした事は・・・
母と私がほんの少しの間外出し、父だけ家に残ったほんのわずかな時の事。

外出先から帰り、家の鍵を開けようとしたら、ドアが開かない。
何度やってもダメで・・・この時は、ホントに焦った!
家に入れない^^;

10年ほど前にご近所で空き巣被害が続いた時に、うちのマンションのドアの鍵、もう一つ設置され、二つあるの。
でも、面倒なので実際使っているのは一つなのですが、私がかけた鍵以外の鍵が内側からかかっていて、ドアが開かない状態になっていました。
「どうしよう、お父さん、何故かもう一つのほうの鍵をかけてる」。

以前、同じマンションのお宅で母親が外出中、お子さんが同じ事をして大騒ぎされてたのを思い出しました。
チャイムを何度押しても出て来ないし。
そうそう、誰か訪ねて来てもドアは開けないように言っておいたから、こういう時に限って律儀に守るし。
電話も出なくていいって言ってたから、出ないし。

携帯を持っててホントによかったです。
携帯で連絡を取り、事なきを得ました^^
焦ったぁ。
今もあの時のドキッとした感じ、思い出します^^;

両親がマンションに慣れるのも大変だなぁって思ったの。



こんな事もありました。
両親が二人で何故か1階に下り、エレベーターで上がって来る時、他の住人の方と乗り合わせたそうで。
母が言うには、「何階ですか?」と聞かれ、何処に行くのか聞かれたと思い、「〇〇のところへ行きます」と答え、父は「娘のところですわ」と言ったそうで。
ちゃんとここの階を押してくれた・・・との事。
二人とも「凄いなぁ。ようわかったなぁ。親切な人や」と感心している様子に。
「その個人情報、言わんでいい!」とついイライラ!となったりして・・・。


一日目は、ついイライラしてしまい、これではいけないと反省。
精神を沈めるために深呼吸。


そして、寝る前には父用の尿瓶(しびん)の作成に取りかかりました。
実家で父は、寝室とトイレが遠いために夜トイレに行きたくなった時、尿瓶を使用しています。
動作が遅いのでトイレまで間に合わない事があるからです。
なので、寝る時には尿瓶が必須らしい。
大阪に来る前の日、「尿瓶も持って行く」と荷物に入れようとするので、「尿瓶ならペットボトルで作れる」と、私が言ってしまったため、尿瓶の作成をしなければいけなくなったの^^


尿瓶の作成・・・
まず、ペットボトル2リットル用の口のところから下10センチくらい切ってみました。
父が「安定が悪い。これではすぐに倒れる」と言うので、もう10センチ切りました。
高さは良いようでしたが「グラグラ動く」と言うので、適当な大きさのカゴを探し、カゴの中に入れ絶対倒れないようにしました。
そして、最初に切ったペットボトルの口のところ、三角になってる部分を逆さにして、ペットボトルの内側にくっつけました。
これは我ながら良いアイデア。
なかなかの出来映え!と思っていると、父が「これでは、切り口に当たると痛い気がする」と言うので、切り口のところをぐるっとガムテープで補正しました。
我ながら、良いできばえ〜。

「こんなの使うのなら尿瓶を持って来たほうがよかった」と、思ってるっぽい父の顔を見ながら、母と二人でペットボトルの尿瓶を絶賛し、やっと就寝する事ができました。


次の日は妹が東京から来てくれました。
初日が一番疲れたの。
でも、今ならどんな出来事もクスッと笑いながら思い出せます。


次回につづく







☆ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー☆



随分前に撮った写真



IMG_1264.jpg

お散歩中の女性






IMG_1267.jpg

アガパンサスが綺麗でした♪



IMG_1270.jpg







07:37  |  つれづれ  |  Comment(7)

Comment

あー、なんかうちの両親を家に呼んだらきっとこうなるだろうなあっていう、同じ光景が目に浮かびました。しょうがないとはわかっていてもねえ・・・。おっとの親ならもっと冷静に対処できるんだけど、自分の親となると違うよね。不思議なものです。でもすいかたべさんのこの記事を読むと、自分だけじゃないんだって、なぜか力が湧いてきます(^_-)-☆
まりん |  2016.07.24(日) 20:29 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

まりんさん

コメントありがとうございます。

まりんさんのご両親もこんな感じ?こんな感じのご家族も多いのかな?
そうそう、わかっているんだけどね、自分の両親の老いをどこか認めたくない変な気持ちがどこかにあるのかもしれない。
自分だって年取って若い頃とは全然ちがうのにね(笑)
でもなんだかんだ言っても、イライラしてる自分がとってもイヤです^^

私のほうこそ、コメント読んで力が湧いてきました。
ありがとう〜♪

すいかたべ |  2016.07.26(火) 09:00 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.08.19(金) 20:44 |  |  【編集】

Re: タイトルなし

鍵コメさん

コメントありがとうございます。

お返事いらないって書いてあったけど、なんとなくお返事書いてます^^

鍵コメさんも夏風邪ひかれたのですね。
私も夏風邪ひいたの初めてでした。
こんなのはもうこりごりだわ(笑)
色々疲れていたみたい。
風邪の後、体がとても楽になったの。
じわじわきてると、それに慣れてしんどいのに気づかなくなるのですね。
鍵コメさんも無理は禁物ですよ!

環境は子どもには変える事はできないですね。
私の母も嫁姑間で苦労をしていました。
祖母は対外的にはとても良い顔を見せる人だったので帰省にはおおらかでした。
どの家庭にも色々ありますね。

少しずつでも嬉しいですよね!
一日一歩三日で三歩、三歩進んで二歩下がる。
私もこれで毎日やってます^^

すいかたべ |  2016.08.24(水) 09:37 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.11.19(土) 06:03 |  |  【編集】

Re: タイトルなし

鍵コメさん

おはようございます。
お忙しいのにご連絡ありがとうございました!
取り急ぎお礼まで^^

すいかたべ |  2016.11.20(日) 10:04 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2017.03.12(日) 19:21 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |