07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

出張理髪店

2017.08.06 (Sun)

今日も暑い!
今日は朝からお墓の掃除に行ってきました。
暑かった〜!!!
そのあと神戸の夫の友人のお宅を訪問。
夫の友人の奥様とは親しくさせていただいていて、以前は二人でランチに行ったりもしていたのですが、お会いするのは数年ぶり。
初めてお会いしたのがお子さんがまだ赤ちゃんの時。
今ではもう中学生になられていて、時の流れを感じました。







昨日、父の散髪をしました。
散髪をしたのは、これで3回目です。
「髪がうるさくなってきた」の父からの要望があると、「散髪に来ましたぁ」と、私が出張散髪屋さんになります。
今回は、眉毛もカットし、襟足も剃りました。
だんだん板について来て、本当に「出張理髪店」という職業を始めようかと思っています(ウソウソ)。

なん度もするうちに、「我ながら良い出来栄えだ」と満足するくらいの腕前?になりました。
でも、今回ついつい調子に乗って眉毛を揃えすぎてしまったの。
アイブロウで書かなければいけないくらい変な顔になってしまい、心の中では「失敗だ」と思ったのですが、父に告げると気にするので黙っておきました。
鏡を見たらショックを受けるかも^^;
その前に母が気づくかも。
どうぞ誰も気づきませんように・・・。


髪の毛切るの好きなんです。
初めて切ったのは、リカちゃん人形の髪。
その次に切ったのは、妹の前髪。
妹が3、4歳の頃、前髪をおでこ丸出しで前髪の存在をなくしてしまうくらい切ってしまい、母に散々叱られました。
その次に切ったのは、自分の髪。
中学生の頃、自分の目の届く範囲をカットしてみたりしました。
その次が長男、次男と続き、子供の髪は中学生になるまで私がカットしていました。
その次が夫。
夫が仕事で忙しく「髪の毛、カットに行く時間がない」って言ったので、「私が切ってあげようか?」と言いカットしました。
小学生の息子たちと同じ髪型^^;
3人揃うと「クククッ」と笑いがこみ上げてきたものでした。
でもそれ以来、夫が「カットに行く時間がない」と言うことはありませんでした。

こう言う散髪の経験がものを言い、父の介護で役に立ちました。
何がどこで役に立つのかわかりませんね。
まさか、父の頭をカットすることになろうとは、この頃思いもよりませんでした。

とにかくなんでもやってみる・・・大事ですね。
これが将来役に立つとか立たないとか・・・そんな事、考えるのは無駄な事だなと思います。
将来のことなんて誰にもわからない。
どんな些細なことでも経験してるとしていないとの差は大きい。
「経験」はどんな事でも自分の最強のアイテムとなります。



母は、歩いて20メートルほどの近くにある美容院に行っています。
きっとお客さんは母が最高齢・・・と確信できるくらいおしゃれな美容院です。
パーマも当ててもらっています。
「どこに当てるの?」と思うくらいトウモロコシのひげ根くらいの量で、タンポポの綿毛のようにふわふわと細い母の髪の毛。
でも、ここの美容師さんがとっても良い方で、母の頭を見ても、私みたいに「どこに当てるの?」って意地悪な目では見られなかったの。
とっても安心して通っています。













竹富島の夕食では





こんな可愛いお料理が

IMG_1784.jpg

コース料理の最初に出てきた


今見ても可愛い!








12月に行った時に竹富島の集落を自転車で周りました。

その時立ち寄ったお店で食べた昼食

IMG_1320 (1)

夫は八重山そば



私は、メニューのざる蕎麦に目が止まり、「こちらのざる蕎麦はどんなのだろう」と思って注文

IMG_1322 (1)

一見普通ですが、食べてみると麺がツルツルしていて初めての食感
さっぱりして美味しかったです^^


お食事も美味しかったですが、やはり外で食べるのはとっても気持ちいい!
南国ならではの風に吹かれながらほっこりしました。



食べてるそばにやぎ

IMG_1333.jpg

とっても優しい目をしていました




15:56  |  つれづれ
 | HOME |