09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

実家のアルバム(9)

2016.06.26 (Sun)

今日の大阪市のお天気は晴れ!
やっと朝から晴れています。
でも、湿っぽい〜。
梅雨ですねぇ。




先日、実家に帰ってきました。
実家に帰るのは、お正月以来。
今年のお正月は、帰省した息子たちと夫と車で日帰りでした。
その時はバタバタしていたので、写真を一枚も撮れず。

ゴールデンウィークも帰れませんでした。







                       平成28年6月19日〜20日




IMG_1237.jpg

実家の庭に咲いていた紫陽花

大きな紫陽花。
綺麗な青色でした。





今回の帰省は、久しぶりに両親を大阪に連れて来るのが目的でした。
年取った二人の生活に気にはなりながらも、これと言ったトラブルがないままに過ぎていった長い年月。

最近母の様子が気になり、二人でこのまま田舎で暮らすのはどうなのか・・・と。
もうすぐ90歳の父と80歳代の母。
母が父のお世話をしています。
二人ともこれと言った持病もなく元気ですが、母も年だし最近体がしんどいようで、この暮らしに不安を抱えています。
母は、私のそばで暮らすのを望んでいます。
でも、父はできればこのまま生まれ育った家で暮らしたくて。

ずっと父の気持ちを優先してきましたが、母はもう限界なようです。
私と同じマンションに部屋を借りて住む提案に、大阪に一度来て考える事になりました。

両親二人で電車に乗り大阪に行くのは心配なので、私が二人を電車で連れてくるために実家に。






初夏の実家は青々とした緑に覆われて、雨に濡れた土の匂いが立ちこめていました。





IMG_1244.jpg

実家のトイレに置いている観葉植物

父が水やりをしていました。
お水をこぼしながら^^;

一つ一つの行動が以前のように上手くできません。





何年ぶりかに大阪に行く二人は、前日から緊張気味。
私も「大丈夫かな」と内心ドキドキ。

夕食後、母が「そう言えば、この頃ムカデが増えたみたい」と何気に言い。
「え、どう言う事?」と聞くと、「最近よく家の中で見かける。でも〇〇が来た時に出たら怖がると思って、殺虫剤を2階の部屋に撒いたら5匹も死んでた」との事。
2階の部屋とは、私が実家でいつも寝ている部屋です。

「げ〜、ム、ム、ムカデ5匹!!!」。
「もう死んだから大丈夫やで」との母の言葉に青ざめる私。

なぜ、なぜ、もういないと断言できるのか!!!
大のムシ嫌いの私は、この会話で次の日の不安はふっとび、寝ている間にムカデに出くわさないか・・・と言うドキドキのほうが重大事になったのでした。

おかげで夜、眠れなかった^^;




・・・日頃の行いが良いせいか、お陰さまでムカデに出くわす事なく次の日に♡




大阪出発の日は小雨。
粛々と準備をし、タクシーも予約し、あとはタクシーが来るのを待つのみ・・・の時、ふと見ると父がいない。
「お父さん、何処行ったん?」と、母と私は家の中に父の姿がない事に気づき大慌て。

家中探し庭に出てみると、雨の中植木鉢の受け皿を洗っている父の姿。
なんで、今、それする?

「なんで今頃、それ洗うん?」と声をかけた私に「気になったから洗う」との事で、ゴシゴシと受け皿を洗っている父。
私はこの動作で父の腰が痛くなるのではと気が気ではなく、「そしたら私が洗うわ」と出かける直前に植木の受け皿洗いをする事に。
小雨の中、「なんで今この皿洗いを?」と納得できないまま数枚洗い終えると、今度は「植木鉢の位置が気になる」との事で、植木鉢を3つも移動し(お水をやった後なので重い^^;)。
そうこうしている間にタクシーが来たのでした。

この時から、なんかイヤな予感。



タクシーで無事駅に着き、ほっと一息。
そして、ホームへ移動。
父は杖をつけば歩けますが、上手に歩く事ができなくてとっても時間がかかります。
改札を出るとすぐのホームなので楽勝と思っていたら、予約していた指定席の車両が止まるところまでは少し距離がありました。

ゆっくりと移動している途中、疲れたのか「ここで乗るわ」と言い出し。
「ここは自由席だから、混んでるかもしれんよ」と言っても、「自由席でいい」と言い、そこから動かなくなってしまいました。
指定席、取ってるのに^^;
「これくらいの距離は普段は歩いてる。出かける前に庭をゴソゴソしていたので疲れたんじゃない?だいたい我がままだから」と母。
動こうとしない父を母と一緒に見ながらため息。

そうこうしている間に電車が到着し、自由席の車両に乗り込む・・・。
案の定、混んでる。
電車が動いてる間の移動は父にとって至難の業です。
なんとか隣の指定席の車両に移り、空いてる席に座る二人^^;
「座れた、座れた」と喜んでる両親をみながら、はぁとため息。

車掌さんが切符を確認に来られた時に事情を説明し、両親が座ってる席の近くの空席を探して貰いました。
幸い近くに空席があり、車両が停車した時に移動。
ほっとしながらも、「トイレと乗り降りが便利なようにドアのすぐ近くに指定席を取って、これで移動は安心〜♪」って思っていたのに。
こんな思いもよらないハプニング。
まあ、仕方ないと自分に言い聞かせました。





大阪駅では、車いすをお願いしていました。
降りる車両のホームに車いすを持ってきてもらうサービスです。
駅のホームからタクシー乗り場までお借りできるのです。
便利なサービスがあるもんですね^^
「乗った車両が違うから、駅に着いたらすぐに乗るはずだった車両のところに行かなきゃ」。
ハプニングには冷静に対応するしかありません。
お気楽そうに車窓をみている二人を横目で見ながら、これから起こる可能性のあるハプニングを想像し、その時の対処法を考えながら、「何事も起こりませんように」と願いながら大阪駅に無事到着したのでした。

とは言え、「次は大阪〜」のアナウンスが始まると、すぐに席を立とうとする父。
「まだやよ。お父さん歩くの遅いから一番最後に降りよ。動いてる車内を移動するのは危ないから止まってからにしよ」と言う私の言葉を無視^^;
「歩くのが遅いからはよ行かなあかん」と不安定な足元で車内を移動しようとする父。
昔から言い出したら聞かないのです。
後ろで体を支えながら、狭い通路をヨロヨロと移動。
ドアの近くまで到着した時には、私の腕が痛くなってました^^;





乗り降りの時には車両とホームの間の隙間も要注意。
小さなお子さんや高齢者には危ないですね。
何か対策はないものかといつも思います。

一番先に降りようとする父を引き止めながら、なんとか無事にホームに着地。
すると、車いすで待機している駅員さんの姿が見えました。

「こっちで〜す」と手を振ると慌ててこっちに来てくださいました。
「車両、移動されたのですか」との問いに苦笑い。
そして、車いすに乗った父をタクシー乗り場まで押してくださいました。
これはホントに助かった!
駅で混雑している人混みの中を車いすで移動をするのは大変だろうなぁと思っていたからです。

数年ぶりに大阪に来た両親は、駅からタクシー乗り場までの移動中、様変わりした大阪駅にビックリ!
私でも戸惑いますが、両親はホントにビックリポン(もう古いですね^^)だったようです。





無事に家に到着した時は、ホントにほっとしました。
この日から5泊6日の両親の大阪滞在が始まりました。






いつもご訪問ありがとうございます!
少しずつこの滞在の様子をアップしていこうと思っておりますが、何しろのんびりブログなのでのんびりとおつき合いして頂ければ嬉しいです^^



10:08  |  私の実家  |  Comment(8)

実家のアルバム(8)

2015.06.07 (Sun)

あんなに暑かった日々から一転!
一昨日は一日中冷たい雨が降り続きました。
今日も涼しくて、明日は雨の予報。
風邪引きさんもチラホラ。
体調管理、大切ですね!




3月に実家に帰省しました。
ブログに残そうと思いながら、もう6月。

季節はずれの記事ですが、書き残しておこうと思います。




                   平成27年3月27日〜28日


3月の終わりに1泊ですが帰省しました。


田舎の3月の終わり頃
春の訪れの香りがする山の空気、いっぱい吸い込んできました。
早春の気配は、どんな時も元気をもらえます。





実家の庭に出てみると



P3278008.jpg

腰が悪くて身体が思うように動けない父の代わりに母が植えた苗がこんな所でスタンバイ!

今頃咲いているかな。
きっと綺麗に咲いただろうな^^





P3278009.jpg

こちらは可愛らしいビオラ
パンジーとビオラ、よく似ていますが、私もパンジーよりも小振りなビオラが好き♪
今は、どんな苗を植えてるかな^^






P3278010.jpg

前に帰省したとき寒そうだった葉牡丹も、未だに健在でした!
こう言う写真を見ると、「やっぱり並ぶ時は端っこがいいな」と思ったりします^^





P3278012.jpg

毎年沢山の梅が収穫できる梅の樹に花がいっぱい!
今年も梅が豊作の予感。
毎年この梅で梅干しを作っていた母も年を取り、作れなくなりました。

この梅はご近所さんにあげるそう。
「勝手に採って持って帰ってもらう」との事。
「色々お世話になっているから、それもいいね!」って言ったら、「梅干しや梅ジュース作って持って来てくれる」との事。
ホント、ありがたい事です。
うちの両親が長生きできているのも、こんな助け合いがあるからこそ。
幸せな晩年を過ごせている様子でほっとします。






車の運転を断念した父の新車!

P3278017.jpg

冬の間は寒くて待機状態でしたが、今は活躍中だとか。
前カゴにゴミを乗せて、近所のゴミ収集所までゴミを運ぶのが父の日課^^
ご近所さんの寄り合いなどにもこの新車で出かけます。

父にこの車のカタログを見せて勧めた時は「こんなのかっこわるい!」って全く取り合ってくれませんでした。
車に乗らなくなった父が、外出もままならなくなり家に閉じこもるのが心配だったの。

私が勝手にカタログを取り寄せて実家に送ったもんだから、ご機嫌斜め。
「こんな三輪車のおっきなの(ホントは四輪^^)、絶対乗らん!」の一点張り。
自分がこの乗り物に乗るのは、プライドが許さないようでした。

「やっぱり無理かな」と思っていたところ、どんな心境の変化か突然「乗ってみる」と言ってくれました。
今はお気に入りの様子なの^^
よかったぁ♪

若い頃からええかっこしいの父、自分なりの「かっこいい」にこだわりを持っていました。
自分の「かっこいい」を持つ事は、とても大切な事だと思うけど、それが世間体とか人の目を意識したものならば、自分を不自由にする事の何ものでもありません。

状況に応じて「かっこいい」を自分なりに変化させ、世間体と言う自分を不自由にするものから自由になってほしいと思います。
この新車に乗ってるところはまだ見てないけど、きっととってもかっこいいだろうと想像してます^^




冬に帰省した時は両親とも元気がなくて心配しましたが、この時は二人とも元気そうで「あれ?復活してる!」って印象を受けました。
寒い季節が終わり、春に向かう頃は体調も気力も良い方向に向かうのでしょうか。
とりあえず、ほっとして大阪に戻りました。






最近の両親、電話の声も明るいし母のグチもパワーアップしているし、一安心しています。
二人の会話の内容はともあれ、会話の回数は多いように思うので、それも元気の秘訣かなと思います。

またそろそろ、様子を見に行かなくては・・・^^
二人ともこの夏も元気に過ごせますように♡



22:50  |  私の実家

実家のアルバム(7)

2015.02.07 (Sat)

寒い毎日が続いておりますが、時折日差しに春の気配を感じる事があります。
気温は低くても空の明るさが僅かに春めいてきたような気がします。





先週、帰省してきました。
写真の整理をしていた時、昨年の夏の帰省の記事を書いていない事に気づきました。
昨年はバタバタした一年(今もバタバタしていますが^^)。




昨年の夏の実家の日々草

IMG_1256.jpg

草花の好きな父は、季節のお花を育てています。
植木鉢にお花が綺麗に咲いているとなんとなくホっとします。


・・・この時は、父が植えたとばかり思っていましたが、今年母に聞くと「もう、お父さん苗を植えるのはしんどくて苗を買ってくるのも植えるのも私がしてる」との事。
お水やりも母。
父は、ちょっとずつ出来ない事が増えてきて、その用事が母にまわってきているようでした。







                平成26年1月31日〜平成27年2月1日



今年の植木鉢   

P2017920.jpg

実家に着いた時は雪がチラチラ舞う程度でしたが、暫くすると粉雪がみるみる積もりました。







P2017918.jpg

こちらは屋根が雪を防いでくれました。
大きく育って窮屈そう!





父はますます動かなくなり、母の負担が増えているようでした。
歩かないからますます歩けなくなり、家の中でも杖をついているの。
動作がノロノロなのでトイレに間に合わない事も時々あるようで、冬場は洗濯物が乾かないと母がぼやいていました。
母は一見元気そうだけど、かなりストレスが溜まってる模様。
父のお世話をしていても、感謝の言葉もないばかりか、自分の思うようにしてくれないと母に文句を言うらしいの。
父は昔から可愛くないところがあったけど、こんな時は素直に感謝してもらわないと母の気持ちの持って行き場所がありません。

私が居る時はおとなしくしているのですが、昔の短期で怒りっぽかった父を思い出すと母は大変だなあと思います。

でも、時折みせる父の子どものような目は、年をとると子どもにかえる・・・と、誰かが言っていた言葉を思い出します。
子どもの目の父を初めて見たのは数年前。
怖かった父を可愛らしいと思う時が来るとは思いもしませんでした。
それは、ちょっとがっかりなような不思議と嬉しいような複雑な気持ち。
自分の親が完全に自分よりも弱い立場になってしまった切ない気持ち。


一泊だけの短い滞在。
父が寝たあとで母と色々話をしました。
母の不満はやっぱり父の思いやりのない態度です。
ホントにどうしたものか・・・。
でも、これは今始まった事ではなく、昔からある私の両親の夫婦の問題です。
長年いい解決法もみつからないまま、真剣に話し合うでもなく今まで暮らしてきた二人。
大正生まれの父には、男尊女卑と言う価値観が根強く心のどこかに残っています。
父の価値観を変える事は不可能に近いです。
・・・等と考えていたら、なかなか眠れなくて。



私が起きた時には、母はすでに洗濯もすませて朝食も出来上がっていました。
お正月に帰省した妹から「お姉ちゃん、お母さん大変そうだよ」って聞いていたので、「帰省した時くらいは家事を手伝って、ご飯の用意もしてあげよう!」と思っていたのに寝坊をしてしまいました。
そして、逆にすっかりお世話になってしまいました^^;

掃除機をかけよう!と思っていたのに、寒いのでコタツでぬくぬくとしていたら、いつの間にか居眠り^^;
気がつくと母が雪かきをしようとしていたので、急いで追いかけ、スコップを無理矢理奪うようにして雪かきだけはしました。
何とも役に立たない私。

台所がとっても綺麗になっていたのは、きっと妹がお掃除したんだと思います。
私は雪かきのみ^^;



P2017925.jpg

それに最悪なのは・・・
帰りに「何かいるもんあったら持って帰り!」って言ってくれた母の言葉に甘えて、冷蔵庫の中の魚類をみんな持って帰ってしまいました。
日本海の海の幸は私の大好物なの。
帰りの電車の中で「あ、魚を持って帰ってしまったけど、母達の食べるもんあったっけ」と、買い物も自由にならない実家の貴重な食料を頂いてきた事に気づきました。
ホントに私って何をやってんだか^^;
食料を持って行かなきゃいけないくらいなのに、持ち帰ってどうする?
自己嫌悪が今も尾を引いています。

妹に報告しなきゃいけないけど、どこも掃除できなかった事言いにくくて一週間近くなるけど連絡してません(食料を持ち帰った事は、もっと言えない^^)。





私が帰る間際・・・
コタツで3人居る時に父に「母に感謝しないといけない事。二人で助け合わなくてはいけない事」を言ってみました。
父はキョトンとしていました。
言っても無駄だろうなと言う気もしました。




タクシーに乗り込んで玄関に居る母に手を振った時、いつもは振りかえしてくれる母がお辞儀をしていました。
「なぜ?」
走り出したタクシーの後ろの窓から見ても、ずっとお辞儀をしている母。
今思い出してもじ〜んとして、涙が出そうになります。


なぜ?私が父にちゃんと話をしたから?
真意はわかりませんが、無駄だと思っても思っている事を伝える事は大切な事だと思いました。
身近にいるからこそ、伝わらない事。
第三者の介入が意味を持ちます。
二人だけだときっと煮詰まってくるんだと思うの。

もっと頻繁に帰省しなくちゃ!との思いを強くしました。




14:17  |  私の実家  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

実家のアルバム(6)

2014.05.13 (Tue)

日曜の夜は、強風のため窓ガラスが揺れて何度も目が覚めました。
土曜日から2泊3日で実家に帰省してきたの。

田舎の夜に吹く強い風は窓をガタガタ鳴らして、とっても怖くて久々に電気をつけたまま寝る事に^^
不安な気持ちが押し寄せて・・おばけが出そうな感じだったの。





                    平成26年5月10日〜12日


天候が怪しくなる前は、とってもいいお天気♪
新緑が眩しい実家


P5117062.jpg

梅の樹に梅の実発見!
まだ小さいですが、沢山の梅の実♪





P5117066.jpg

今年も梅干し・・・母は作れるかな







P5117060.jpg

庭に一本だけのチューリップ
「チューリップ、庭に咲いてたね」って言っても、両親とも気づいていなかった様子。
庭に出ていないのかな・・・モヤモヤした不安!





P5117073.jpg

父が植えたペチュニア
綺麗に咲いていてほっとします。





以前は野菜を作っていた畑も

P5117051.jpg

今は野の花のお花畑






P5117058.jpg

ポカポカ陽気で気持ちのいい日差し・・・畑にいろんな野菜があった頃の事なんか思い出したり・・・。
子どもの頃を思い出したり・・・。







お台所の壁に掛けてある例のこれは

P5117075_20140512134403a2f.jpg

帰省した日からずっと木曜日(土曜に帰省したんだけど^^)
でも、以前帰省した時のとは違うから、ちょっとはめくってる様子







今回実家での新たな発見は

P5117078.jpg

この廊下の照明





P5117076.jpg


玄関には黄色



随分昔につけた照明(私が小学生の頃^^)だけど、こんなポップな色!
純和風な木造家屋なのに、なぜかここの照明だけハジケてるわ・・・って事に初めて気づいた。
気づかないで見過ごしてる事、案外身近にありますね。






両親ともまだしっかりしていますが、父は歩くのがまた困難になった様子で、すり足で歩いています。
足のむくみもあるので、なるべく歩くようにお医者さんに言われてるのに全然歩いてない。
お散歩を勧めるんだけど、歩かないの。
なぜ歩かないのか・・・本人でないとわからない。

手も以前のようには動かせなくて、動作もゆっくりです。
着替えも腕を上げるのがしんどそう。
食事時、ふと見るとセーターの裾が胸のあたりでまるまってる。
セーターをかぶった後、裾を引っぱって降ろさなかった模様。

動くのが億劫だから、何でも母任せに。
こう言う時、手伝わないで自分でできる事は自分でするようにしたほうがいいんですよね。
「手がかかるようになってきた」って言う母は、ついつい横から手伝っています。
「時間がかかっても出来るだけ自分がするようにしたほうが・・・」と言いかけて、母も頑張っている事を思うと意見するのをためらってしまいます。
自分の思うようにならないと機嫌が悪くなる父。
そう言えば、昔から亭主関白だったわ^^;

本人もわかっているんです。
歩かないといけないって言う事や、手伝っていたら出来る事も出来なくなるって事。
いっぱい言いたい事があったけど、今回は飲み込んでしまいました。



母の料理の味付けがちょっと辛く感じたのは、気のせいだろうか。
私が最近薄味に慣れてきたからかな。
母のふとした表情が険しく感じられたのは、気のせい?
無理をしているのではないか・・・不安がよぎります。







食料品を買いに行くのが大変そうだったので、生協の個人宅配の手配だけはしてきたの。
今日、担当の方が訪問されます。

強風の日は、母も眠れなかったようで「あれこれ考えてたら眠れんようになる」との事。
「考え事は夜しないほうがいいらしい」って伝えると、「昼間は色々する事があって考える時間がない」との事。
「する事が色々あるのはいい事やなぁ」・・・・と、慰めにもならない事を言ってしまいました^^;





この調子では、老老介護も時間の問題
・・・等と考えていたら、昨夜は私も不眠気味。


P5117067.jpg

考え事は夜しないほうがいい!
でも、昼間は色々する事があって考える時間がない。
妙に腑に落ちた感じです。



老いていく両親をみるのは辛いですね。
でも、それも子どもの務め。
一日でも長く穏やかな日常がおくれますように・・・と、仏壇に手を合わせてお願いしました。
この家の、時の流れが少しでもゆっくりでありますように。







今日の大阪は、とってもいいお天気。
洗濯物を外に干しました。
窓も全開で気持ちいいです。


15:02  |  私の実家  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

実家のアルバム(5)

2014.02.01 (Sat)

昨年の暮れから続いていた私の最近の大きなお仕事が一区切り。
これからまた、頑張らなくっちゃなんだけど・・・。

とってもガッカリな出来事が次々と発覚!
人と人との繋がりは信頼関係がないと成立しませんが、壊れるのはあっと言う間。
一旦崩れた関係は取り戻せるのだろうか・・・。
もう無理!って突き放すべきか・・・。
考えると・・・ゆううつだわ^^




       

               平成26年1月25日〜27日


先日の帰省先の実家では、雪が降って大喜びでした。



P1276905.jpg

美味しそうでしょ♪








P1276904.jpg

母が植えた葉牡丹に雪がかかって







P1276906.jpg

きれいだった☆






実家の冬の楽しみの一つは、ストーブの上でいろんなものが焼けること


P1266882.jpg

この日は焼き芋を焼きました。
上手に焼けて美味しかったわ♪










母が愛用の帽子

P1266887.jpg

「どっかで見た事あるなぁ」って手に取って見てると、なんと妹が小学生の時にかぶっていたものだそうで。
そうそう、これ覚えてる!
・・・と言う事は、何十年前の帽子?^^;
手作り感たっぷりの帽子。

ずっとしてないけど、編み物したくなりました。
この帽子触ってると・・・なんかいいなぁって思ったの。







これは、初めて見た!

P1266890.jpg

ごきぶりじゃなくてネズミ^^
これにネズミがくっついてたら・・・恐いわ!
恐る恐る覗いてみたら何もなかったので、ほっとしました。










真っ白に覆われてた雪も朝から陽がさしこんでいいお天気


P1276909.jpg

ちょっと溶け気味









綺麗な青空♪

P1276910.jpg

こんな山の感じが大好きです。
ずっとここに暮らしていたらわからなかっただろうなって事が、離れてみて初めてわかる。
自分が何を好きで、何を大切にしたくて、何がどうでもいい事なのか。
原点に戻りたい時、実家はいろんな事を教えてくれるの。

あ、この青空に浮かんでる雲。
くじらに見える^^;
                     

23:57  |  私の実家  |  Trackback(0)  |  Comment(14)
 | HOME |  NEXT