FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ストロベリービュッフェ

2020.02.15 (Sat)

なんだか暖かくて緩む〜。

今年はダウンをそれほど着ることなく、本当に暖冬でした。
手袋もニット帽も必要なし。
お気に入りの小物たち、出番がなくてちょっと寂しい気も。





ところで、昨年も行きましたが今年も友人と行ってきました。

IMG_2352.jpg

ホテルニューオータニ大阪のストロベリービュッフェ





予約をしてからはこの日を心待ちにして過ごしていました。

IMG_2331.jpg

昨年は、鮮やかなお料理やスイーツを見て色々と舞い上がってしまいましたが、今年はスタンバイされたお料理やスイーツを見ても余裕で冷静に行動できました。

ビュッフェのスタート!の合図がされても、お目当の品のところに並びには行きません。
皆、我先にとばかりにあっという間に長蛇の列ができるのです。
動作がのろい私と友人は、とてもその中で先頭の方には行くことはできません。
かろうじて最後尾に並ぶくらい。
そういう状態は、時間制限のあるビュッフェにはリスクになります。

そういう無駄はしないで、「あの行列の人たちが取り終えて、席に着いた頃にゆっくりと取りに行こう」と友人と言い合い、お茶を入れて、一息つく余裕!
なにせここに来るのは2度目だからね。

そして、人が引けたところでお料理やサンドイッチ、スイーツを順番に取りに行きました。
この頃には、品も補充が行き渡り、目の前でなくなると言うこともありません。

お料理も、どれもとっても美味しくて、スイーツを食べる前にお腹が膨れては・・・と分量を考えながらなので、結構頭を使います。
予定通りにいい感じに行動でき、食べながら満足していたら、写真を撮っていないことに気づきました。
ああ〜、やっぱり舞い上がってたかなぁ。








IMG_2326.jpg

食べたスイーツの1部はこんな感じ
真ん中のカップの中の茶色いのは、取り損ねている紅茶のティーバッグです。



いちごも食べ放題でたくさん食べました。
写真に撮りたかったなぁ!






友人が大のお気に入りのパンケーキ

IMG_2328.jpg

なんとこれを合計9枚食べたのですよ!!!
正気か!と思いました。
いちごビュッフェなのに・・・。
もう思い残すことはないそうです。





IMG_2330.jpg

今度はまた来年!
元気でいようと誓いました。







余談ですが、インフルエンザにかかっていた時にトイレに落としたカイロは、無事に行くべきところへ流れて行ったようで、トイレが詰まる事なく平和に過ごしています。
これで、この件は解決したと考えてます。
よかったぁ。


21:36  |  美味しい  |  Comment(2)

鯛焼き

2020.02.11 (Tue)

とっても良いお天気!

鼻がムズムズ、喉がイガイガ。
今年の花粉は例年に比べて少ないそうですが、花粉症発症です。
マスク早く出回って欲しい!



時々通りがかる以前から気になっていた鯛焼き屋さん。
「母に買って一緒に食べよう」と店の前で足を止めました。


IMG_2343.jpg

この天然たいやきって何?
言葉遊びかと思っていたら・・・「天然たいやき」とは、一匹ずつ丁寧に焼く「一丁焼き」のことを言うんだそうです。
鯛焼きの焼き方にも色々あるんですね。

2個買って、いやいや二匹買って帰りました。
いそいそと母のところを訪ねると、なんとお留守。
熱々を持って行ったので残念でした。
テーブルの上に一匹置いて帰りました。

最近母は、1人で外出できるようになりました。
行動範囲は狭いですが、私の負担は大幅に減り、私自身も楽になりました。
近所の通院と「お散歩連れていかなくちゃ」がなくなり、精神的負担が激減。
助かっています。






1人で食べるおやつ

IMG_2346.jpg

鯛焼き食べるの久しぶり!
中のあんこがいっぱい入っていて外はカリカリ、中はしっとり。
皮は薄めであんこメイン。



割るとこんな感じ

IMG_2348.jpg


やはり、おやつは1人で食べるよりも2人で食べる方が美味しいです。
こんな風に思えるようになった自分にホッとしています。



しばらくしてから母から鯛焼きのお礼の電話がありました。
「整形外科へリハビリに行っていた」との事。
最近首が痛くて、近所の整形外科で牽引と温熱療法を受けています。
首の痛みは、「年のせい」だそうです。
リハビリのスタッフさんたちとの雑談も気晴らしになっているようです。











ところで

IMG_2365.jpg

ムスカリ満開!



薄紫の色もかわいいし

IMG_2361.jpg

この鈴のような形がチマチマといっぱいあるのは、いつまでも見ていられる。
ほのかにいい香りもしてきます。
一見ぶどうのように見えることから、ブドウヒヤシンスとも言われるそうです。

花言葉は、失望、失意とネガティブな言葉もありますが、ポジティブな言葉は、通じ合える心、寛大な愛、明るい未来だそうです。





11:14  |  美味しい  |  Comment(2)

今年の節分

2020.02.05 (Wed)

最近、朝起きてまずすることは、ニュースで新型肺炎の情報を集める事。
早く終息して欲しいものですね。

感染拡大を防ぐには、まずは手洗い、アルコール消毒、マスクの着用だと聞きましたが、マスクとアルコール消毒液はどこも売り切れ。
せめてマスク欲しい!

普段の健康管理としては、十分な睡眠とバランスの良い食事で免疫力をあげるのが大切だそうです。
疲れているときは免疫力も下がってるような気がします。
疲れを溜めないようにするのも大事ですね。
これは、インフルエンザ以降気をつけています。

効くかどうかはわかりませんが、随分前から1日1匙マヌカハニーを食べています。
はちみつよりも高い殺菌効果があるとの事です。
これは美味しいので続いています。
でも、値段が高い!
クマのプーさんになった気分で大切に食べています。



今年の節分は、珍しく夫がいたので一緒に豆まきをしました。
窓から外に向かって「鬼は外」と豆を投げるのです。
投げる豆は、1回につき1人1粒。
子供が小さい頃は盛大に?撒いていましたが、最近随分とうちの豆まきも縮小しました。

夫はリビングの窓から1粒投げて、その後ジムに行ってしまいました。
結局後は私1人で豆まき。
私は全ての窓から豆まきをします。
「福はうち」の時は私の口の中へ1粒。
以前は部屋にも撒いていましたが、1人で拾う作業がとても虚しく感じられ、「どうせ食べるのだし」と、「私の口の中へ1粒」に効率的に変更しました。

市販品巻き寿司を買い、イワシは家で焼きました。
節分の日は、部屋がイワシの匂いで充満し、「節分だなぁ」としみじみ思います。
イワシの頭を柊に刺して、厄除けとして玄関に飾ります。
節分は、我が家(私)の数少ない行事です。



巻き寿司1本とイワシ・・・。
ジムから帰った夫は、この晩御飯を食べた後「お腹空いた」と言い出し、「豆がある」と言うと、しばらく豆を食べていましたが、「まだ空いてる」とのことで・・・。
「あ、昨日のおでんがあった!」と言うと、残りおでんを食べてました。
2日目のおでんはお出しがしみて美味しいですね。

おでんって、主婦にとって最強です。
お出しが煮詰まるとお水を足して、別の材料を入れて火にかければ、それなりに美味しく食べられるからです。





うちの節分を友人に話すと、「え、まだそう言うのやってるの?」との事。
「子供がいた頃はやってたけど、夫と二人暮らしになったら、いつの間にかやらなくなった」との事。

私は、来年も再来年も今年の節分と同じようにするつもりです。
元気なうちはずっと。
巻き寿司を丸かじりするなんて、この日くらいしかしない事だし、煎り豆も普段は食べないし。
「鬼は外、福は内」この言葉も好きです。







最近、神社によく行きます。


IMG_2318.jpg

境内に梅の花が咲いていました。


22:42  |  つれづれ  |  Comment(2)

林檎

2020.01.27 (Mon)

今日は一日雨!
それも時折暴風雨。
大阪市内はお昼過ぎ、かなり強い風が吹いていました。

傘が持っていかれそうになると恐怖を感じます。
友人が、昨年の台風の時に風に煽られ転倒し、足首を骨折しました。
まだ痛みがあり、階段を上がるのが大変!って言っていたのを思い出しました。
若い頃とは違って、何事も用心深く気をつけなければなりません。




ところで、林檎を食べる時、皮はむきますか?
私は、皮に栄養があると聞いてから、林檎は皮付きのまま食べています。
それも、先日テレビで林檎の芯を切って捨てるのは勿体無いと言うことを知り、芯も切り取らないで食べています。



こう切ると良いらしいです

IMG_2279.jpg

輪切りにすると林檎の芯ギリギリまで食べられます。

おまけに切る工程が大幅にカット!
早くて助かる。


2人で食べるには半分ずつで丁度良いです。




小さな林檎だとこんな感じ

IMG_2282.jpg

切るの簡単!
と言うか、ほとんど切ってない。



夫に「頭とお尻、どっちがいい?」って聞くと、「どっちでもいい」との事。
しばらくして見ると、お尻の方がなくなっていました。

小さな林檎の写真では、上のがお尻で、下が頭です。
どっちが美味しいのかな。

でも、この切り方だと人数が多い時にはもっと薄く輪切りにしなければなりませんね。
輪切りがペラペラになる可能性もあります。
食べる部分によって不公平感が出るため、人数が多いと不向きな切り方かもしれません。

うちは夫と2人なので、この切り方でほぼ毎朝林檎を食べています。



22:49  |  つれづれ  |  Comment(2)

毛玉取り

2020.01.17 (Fri)

今日は阪神・淡路大震災から25年。
もうそんなに経つんですね。
今でもあの朝のこと、その後の混乱の様子、はっきりと覚えています。
夫の西宮の実家は半壊し、数日後に義両親と義姉が大阪に避難してきました。
夫が車で迎えに行ったのです。
3人とも頭はススだらけで顔は黒く汚れていて、どれだけ大変だったのかを物語っていました。
地震が起きてから、時間の経過とともに明らかになるテレビの報道がとても怖かったです。
とても悲しい話をいくつも聞きました。
人の生き死には、紙一重なんだと感じました。







今日はやけに寒いです。

昨日から解熱し、やっとご飯も食べられるようになりました。
夫が蜜柑を2袋も買ってきてくれたのだけど、熱が下がったらなぜか蜜柑を食べたくなくなりました。






母が心配して毎日電話をくれます。
うつるといけないから解熱しても、しばらくは会いにいけません。
私が病気の間、母のご飯も冷凍食品や缶詰で賄う状態になってしまい、迷惑をかけてしまいました。
母の口癖は、「〇〇(私の名前)に迷惑をかけるから元気でいなければいけない」です。
「ウンウン」と、答えていたけれど、その逆もありか・・・。
私が元気でいなければ、母は不自由な生活を送ることになる事に今更ながら気づいたインフルエンザでした。


まだ熱があった時に母に電話で、「蜜柑ばかり食べている」と伝えると、「蜜柑は体にいいからね」と言われました。
そう、体にいいから。
いえいえ、体にいいから蜜柑を食べたわけではありません。
食べたかったから食べたのです。
「蜜柑は美味しいからね」と言って欲しいな・・・なんて思ってしまった。


思春期、両親の価値観に反発を覚えていたのは、多分こんな些細な事の感じ方の違いもあったのでしょう。
今身近にいてくれるから、少しずつそんな事もわかってきました。

そんな風に自分が違和感を感じていながら、無意識に私も夫や息子たちに、母と同じことを言ったりしているかもしれない。
絶対言ってる!
親子とは、本当に面白いものです。







ところで、毛玉取りが大好きです。
毛玉を見つけると、取りたくてムズムズしてきます。



これは手動のものも含めると我が家3台目の毛玉取り器

IMG_2276.jpg



毛玉が綺麗に取れてオススメです。







この年季の入ったのびのびのレッグウォーマー

IMG_2275.jpg

モヘアだったのですが、毎年毛玉を取りすぎてフワフワな毛がなくなってしまいました。



それでも取り続ける。
毛玉ができると、もはや意地になってしまいます。




そして、穴が開いてしまいました。

IMG_2274.jpg







毛玉を取る時は、気持ちがヒートアップしないように気をつけましょう!


このような事が起きないように、この毛玉取り器にはちゃんとケアモードと3段階に切り替えモードもついています。
説明書を読んで使えば大丈夫です。
箱にも書いてあります。


20:43  |  つれづれ  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT