06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

自分らしさ

2017.07.24 (Mon)

毎日暑いですね〜。
関西は、梅雨明けから数日経ちました。
これからどれだけ気温が上がるのかと思うと怖いです。






先日、ある人との会話で「フェイスブックのいいね!ついつい友人に求めてしまう自分がいるんですよね。フォロワー数も増やそうと躍起になっている自分もいて、最近嫌になってしまいました。承認欲求、強い方ではないんですけど」とのこと。

承認欲求・・・あまりにも強いと自分も辛いし、周りもうんざりします。



そういえば、こんな事がありました。

今からずいぶん前に、若いスタッフが「お話があります」とやってきました。
「何だろう」と話を聞いてみると、「私、すっごく頑張っているんです。もっと褒めて欲しい」という内容。
この時は本当にびっくりしました。
今なら「私、褒められて伸びるタイプなんです」と言うような巷でよく聞く言葉ですが。

「そっかぁ、褒められたいんかぁ」と思っても、褒めるのが苦手な私には至難の技。
心から「すっごい!」と思った時は自然と褒め言葉が出ますが、「褒めて育てる技」を身につけていなくて結構苦労しました。

意識して接すると、「この瞬間に褒められたいんだな」と言うポイントがある事がわかります。
「こんなことでいちいち褒めていられるか」と言う気持ちを押し殺し、「すっごいねぇ。頑張ったねぇ」と、きっと顔が引きつってるだろうと思いながらも言うと、「ありがとうございます」と最高の笑顔。
この嬉しそうな顔を見た時、「ああ、そう言うことか」・・・と私まで嬉しくなってしまいました。


そんなことがあってから、「褒めるのは大事だ」とわかり、でも実行しようとすると、やはり不自然になり。
叱られて育った私には、「そうそう簡単に褒めるもんじゃない」って考えがどこかにあり。
「そうだ、私は両親に褒められたことがない!」と気づき。

そもそも、私は息子たちを褒めていたのだろうか・・・と思いを巡らし。
「ああ、なんて母親だ。もっと褒めてやれば良かった」と今更ながら後悔したりして。

それに・・・私は昔どころか今も誰にも褒められていない!と気づいたり。


「褒める」言い換えれば、「認める」と言うことや「感謝の気持ちを伝える」と言うことが、職場のコミュニケーションではとっても大切と気づいてから、できるだけ心がけています。
そんな中で、苦手だった褒めることが苦にならなくなり、自然と声をかけられるようになり、「髪切った?可愛くなったね」・・・以前なら気持ち悪くて言えなかった言葉もサラサラ言えて、「技」ではなくそう言う「視線」が身についたような気がします。
そんな些細な褒め言葉でも、言われた方は嬉しいし、言った方も気持ちがいいです。

その「髪を切った」と言うのも自分が切りたいから切ったのだろうし、褒められるためにやったのではないから、褒められるのは、おまけみたいなもの。
小さな事ですが、おまけで褒められたら嬉しいですよね。
このおまけが、1日の気分を上げてくれたりします。

さりげない言葉がツボにはまると、1日どころか一生の宝物になったりします。




この間、美容室に行った時のこと。
隣に座っていた女の人が、「この髪型にしてください」と雑誌の切り抜きを渡していました。
ああ、私も若いころあんな風に雑誌の切り抜き持って美容院に行ってたなぁ。
でも、一度も同じ髪型にはならなかったなぁ。
美容師さん曰く、「頭の形や髪質、髪の量など違うから、それ風にはできるけど同じにはできない」とのこと。
そりゃそうだ。
自分らしくあればそれが一番似合うんですよ。


あるお客さんで、いつもロングのストレートで髪型を変えない方がいらっしゃるそうで。
よっぽどロングが好きなのかと思ったら、ご主人がロングのストレートが好きなのだそうで。
聞けば、結婚当初から何十年もその髪型だそうで。
「え〜、何十年もご主人の好みの髪型をされてるの?」
私は思わず大きな声を出してしまいました。

それは素晴らしい夫婦愛なのか?
その事一つで夫婦の関係が透けて見えるようで、なにやらもぞもぞとした気分になりました。
「あなた好みの女になりたい」なんて歌詞の歌が大昔にあったけど。
自分はこうしたいとか、ないのかな・・・。
・・・と、いつものおせっかいですが、心配になったりしました。




人に褒めてもらうことが目的になったらつまらないですね。
職場であっても、褒めてもらう事が目的になったら何か違うと思います。


自分らしくいられるためには、周りへの配慮がとっても大事。
周りとのコミュニケーションがうまくいかないと、自分らしくいられなくなってしまいますから。
自分らしくいられるためには、コミュニケーションを円滑に行うという努力も必要です。
まあ、頑張っていこう。










竹富島に行ったのは、これで2度目です。
実は、昨年の十二月、両親が引っ越してくる前に夫と行って来ました。
シーズンオフの竹富島は、寒い十二月に行くにはあったかくてとっても良かったです。




昨年の十二月



南国はこんな感じ

IMG_1318.jpg

人も少なくとっても気持ち良かった♡







でも、今年は梅雨明けに行き暑くて暑くて。
お尻の打撲も影響してひたすらうちにこもってました。



IMG_1833.jpg

上手に撮れませんでしたが、夕焼けは綺麗でしたよ!



今日も暑くなりそう!
蝉の声がハンパないです。
熱中症に気をつけてくださいね。

10:07  |  つれづれ

ご無沙汰しました(2)

2017.07.09 (Sun)

お元気ですか?

まさか3月からお休みをしていたとは・・・^^;
今、怖々久しぶりに自分のブログを見て愕然としています。

月日の経つのはとっても早いです!


こんな状態のブログにご訪問くださり、ありがとうございます。
訪問履歴を見て・・・申し訳なさいっぱい!
長い間、お留守にしてごめんなさい。
気にかけていただいて、ホントにありがとう♡







実は、書きかけで置いたままだった記事があり。
それも3月の^^;
さすがに季節はずれなので、消しました。
でも、これだけはアップしなくちゃと。


ムスカリの球根・・・お花、咲くのかなって心配していましたが

IMG_1613.jpg

咲いたのですよ^^


ムスカリの球根?随分前のことなので、記憶にないかもしれないけれど。
これは是非報告しなくちゃと思いました。
これで肩の荷がおりました。






何ヶ月もお休みをすると、何から書いていいのかわかりません。

2月、3月、4月・・・と、多分私の人生の中で一番忙しくてしんどい日々でした。
忙しい日々はこれまでもあったと思うけど、年取ってるぶん、体がしんどい^^;
心もどんどん弱っていく。
心身ともにってこういうことか・・・と。

日常の日々の積み重ねの中で、心も体もいつの間にか・・・っていうのが一番怖いです。
それが当たり前になると無理をしているのに気づかないでしまいます。
疲れたなと感じる日々が続いたら、生活を見直してみることですね。
そして、なるべく早い目に対策を考えるのが大切です。

疲れにも・・・心地いい疲れ
「はぁ〜、疲れたぁ♡ふふ〜ん」って、ソファにごろ〜んと横になってニンマリする疲れ

と、心地悪い疲れ
「あ〜あ、疲れたぁ!げっそり」ってソファに寄りかかりうなだれる疲れ
があります。


この違いは何?って考えた時、いや〜なストレスがかかっているのが後者です。

「ストレス?私、別にストレスに感じることってないし」と、ストレス過多になっているのに気づかなかった私。
自分のことって本当にわかりづらいです。
「これくらいなんともないわ」・・・これが要注意。




例えば、最近こんなことがありました。

先日と言っても一ヶ月くらい前ですが、自分でも笑ってしまうような事がきっかけで、走りながら後ろ向きにすってんころんしてしまい、尾てい骨を強打しました。
フローリングの床にお尻の真ん中の骨がもろに当たったの。
お尻ならお肉があるから少しはマシだと思うのだけれど。
骨・・・痛いのなんのって。
ということで、暫くの間安静。

仕事も介護もできな〜い、やった〜♡

ひとときの間とは言え、全てから解放されて、お尻痛くてたまらなかったけどなんとも言えない幸福感^^;
「しばらくは動かない方がいい」・・・これが天使の声に聞こえました。
ヘルパーさんに全部お願い。
母に「しばらく行けないけど、ごめんね」と電話で謝りながら、心の奥の方でVサインを出してる自分の姿。
介護が負担だと思っていなかったけど・・・。

この時、「あ、無理してたんだ」って気づきました。


ベッドの上で、雑誌やら買い込んでそのままにしていた本やらを積み上げて、ゴロゴロしながら読みふけり。
夫に食べるものを買ってきてもらい、トイレに行くときはお尻が痛くて辛かったけれど、そのほかはお姫様待遇。
椅子に座って少しでも動くとお尻が痛かった当時は、「リモコン取って」「ティッシュ取って」とそばにいる人(夫)を使い、至れり尽くせり。
こういうとき、「一人暮らしだったらどうするだろう」と考えると、いつもぶちぶち言ってしまってる夫にとても感謝したのでした。



今はすっかり回復し、いつもの日常に戻りました。

両親のお世話もストレスに感じ出したら、お互いのためになりません。
と言っても、普段の生活だけでも忙しいのに両親の事考えたら、やっぱり心のどこかで負担に感じている自分がいます。
両親のところに行く時間をプライベートに使う罪悪感もあり、仕事も忙しいというのもあり、友人ともここ半年以上会っていないことに気づきました。
この半年間、少しの無理が積み重なって負担につながったのだと思います。
この「負担」を少しずつ軽減して楽しく過ごせるよう、心の持ちようと関わり方を変えて行かなくては・・・。



先日、夫と竹富島に行ってきました。
これは、以前から計画していた旅行で、まだお尻の痛みが完全に治っていない状態での旅行だったので、それはそれで気を遣いましたが、無事に行ってくることができました。
ちょうどいいタイミングでの休暇。
私は2泊3日でしたが、リラックスできてとても良かったです。

その様子は、また今度アップさせてください。




では、お天気が非常に不安定で体調も崩しやすいので、皆様どうぞご自愛くださいね。


10:35  |  つれづれ

パンデュースのパン

2017.03.18 (Sat)

花粉の季節となりました。
外出時には、マスクが必須!

女性用の小さめなマスクが売り出されるようになってから、顔にフィットして助かっています。
昔はマスクのサイズが今ほどなくて、ブカブカのマスクをつけたものです。
便利になったなぁと思います。

でも、このマスク、下まぶたの微妙なところにマスクの上の部分が当たり、下まぶたがマスクに押されて気になる〜。
下まぶたが刺激されて、「シワが増えるんじゃないのか」と不安になり、マスクを下にずらすと、今度は鼻のあたりが気になり息苦しい!
やはり、ブカブカのマスクの方が着けてて楽!
小さめマスクだと、喋っていると時々呼吸困難になってきます。

マスクをつけると、目から下の保湿も同時にできてパック機能も付いてる・・・とか。
マスクの淵は顔にフィットするけど、中はゆったりしていて呼吸しやすい・・・とか。
そういうのも開発してほしいなぁ。

そんな事を考えながら、今日もマスクをつけています。






先日のおやつに買ってきたパンデュースのパン^^
「パンデュース」は、大阪市内の梅田と淀屋橋と本町にあるパン屋さんです。
この日は、本町店に寄りました。


IMG_1563のコピー

ラバンのチョコパン


ヘーゼルナッツの板チョコが天然酵母パンに挟んであるの。
パンに切れ目を入れて板チョコを挟んだだけの、とってもシンプルなパン!
一緒に食べると、パンのかすかな塩味と甘さ控えめなヘーゼルナッツチョコとの相性が抜群!

自分ですぐに作れそうなの(パン切ってチョコ挟む)・・・をあえて買ってきて食べるのって、贅沢な感じです。
おやつにぴったり!






今日は、またこのお店のパンを買って遅めのお昼


IMG_1571のコピー

ゆで卵と胡椒たっぷりハムのサンドイッチ(右)とピーナッツクリームの入ったパン(左)



サンドイッチは、なんとゆで卵がそのまま一個、中に挟んでありました。
カットなどしていないところが自然っぽくていい感じ^^
食べている途中で、コロン!と黄身が転んで慌てましたが、ゆで卵をそのまま挟んでもいいんだ・・・と、なぜか感心。
サンドイッチの卵はカットすると思い込んでいたので、これは簡単!と真似しようと思いました。



ピーナッツバターやクリームのパン、時々とっても食べたくなります。
カロリーの事を考えて敬遠しているから余計に。
でも、こうやって久々に食べると、美味しい〜!


角食パンもフッッワフワで美味しいの。
明日の朝ごはんは、このパン♪
今から楽しみです^^




21:01  |  美味しい

春の匂い

2017.03.12 (Sun)

寒い夜には、湯たんぽを太ももの間に置いたり、足元に移動したり。
お布団の中でもごもごしながら眠りにつく至福の時間。
目が覚めた時、まだ残ってる湯たんぽの温もりを足で確かめながら、またウトウトとし、数分後に飛び起きる冬の朝。


最近は朝晩冷え込むと言っても、ベッドから足を降ろす時、靴下を履かなくても冷たい床を歩けるようになりました。
私はスリッパを履かないので、冬の間は靴下が必須!
長靴みたいな靴下を家の中で愛用してます。
トイレに起きた時など、靴下履くのが面倒で、爪先立ちでぴょんぴょんとできるだけ足の裏が床に接着する面積を少なくするようにして走ります。
真夏の海岸で、焼けた砂浜から海へビーチサンダルを脱いで移動する時みたいに。

冬の床は素足では冷たいんですよ!
ぴょんぴょん走りでトイレのスリッパに到達した時は、足の裏がやけどするかと思いながら海に到達した時と同じ安堵感。

今朝は、普通に歩いて行けた。
そんな些細な事が嬉しい^^




昨日、ムスカリの球根を買ってきました。


IMG_1552.jpg

ネギみたいだな
葉っぱしかないけど、ホントに咲くのかな?
早く蕾が出てこないかな・・・・。

3日くらいでお水を替えるだけでいいそうです。






ずいぶん前のひな祭り

IMG_1542.jpg

例年通りにちらし寿司を作りました




IMG_1548.jpg

例年通りにお雛様も飾りました
例年通りに出すのが遅く、しまうのも名残惜しくて、まだ飾っています。
さすがに今日片付けるつもり^^





やっとブログに写真がアップできるようになったの。
ちょっとでか過ぎたけど^^;

長男が先日帰って来たので、バージョンアップしたパソコンの写真の扱い方を教えてもらったの。
一人では無理だったわ。
やはり持つべきものは、息子ですね^^




両親が越してきてからもうすぐ3ヶ月!
妹も時々訪ねてくれます。

18歳で実家を離れてから、早○十年。
今回、両親や妹と密に接するようになり、いろんな発見がありました。


両親との価値観、考え方の違い・・・これは前からわかっていたつもりでしたが、なかなか手強いものがあり。
「そうそう、父や母のこういうところが嫌で、早く家を出たいって高校生の頃思っていたんだった」って今頃思い出したり。


母の言動に、自分では気づかなかった自分の嫌なところを見つけて 「ハッ!」とした事もありました。
母が気づかせてくれて・・・本当に感謝です。
母から教えてもらえなかったら、今も気づかないままでいたと思います。
自分で気をつけようって思える事ができ、よかった^^

友人にこの事を話すと、「娘がいないからじゃない?」と言われました。
友人曰く、「娘の言動があまりにも自分と似てて、ドキッとした事何度もあるよ」との事。
同性の親子間では、よくある事なのかな。
母と私の共通点なんて、学生の頃思いもしなかった。
その頃、ただただ反抗期で、自分の親が嫌でしょうがなかったんです。

結婚し、親のありがたみがわかり、子供が生まれて、親の気持ちもわかり。
今は普通に両親に感謝し、普通に良い関係を保っているつもり。



私には息子しかいないので、息子たちに自分に似通ってるところを見つけて、「あ〜あ」って思う事はあるけど、同性同士で感じる感覚とは違うもののようです。
親子の間で性差があると聞き。
男女の子供を持っている場合、どうしても母親は息子の方を可愛く思ってしまう・・・って、私の友人が言ってたの。
同性同士だと、考えてる事がわかり過ぎて嫌なのだとか。
そういうものなのかな?

まあ・・・確かに、夫も息子たちも考えてる事は私にはわかりにくいな。
私には、息子二人とも同じように可愛くて、私には子供の性差の事は永遠にわからない。
友人の話を、「へ〜」と興味深く聞かせてもらいました。




妹と私、よく似てると思っていたのだけれど。
今回で、「やっぱり全然違う!」と気付きました。
これは本当に驚いたの。
両親の事に関しても、なんかモヤモヤする温度差があり。
「え、私はそこでは笑えない」って思ったり、「それ、本人に言う?」と、はてなマークが浮かんできたり。
込み入った話をすると妹の価値観がよくわかり、今更ながら「そうなんや」って納得したり。
きっと妹も同じように感じていると思います。

「違う!」と思う事は、「自分はこうだ」って事を確認する事にもなります。
私の中のぼんやりしていた部分を自分で確認する事が、身内と密に接する事でできました。
なんとも肉親とは奥が深い。






「ホントに、もう!」って頭にくる事も多いけれど、自分の親を「可愛いな」って感じたり、「こう言うところは好きだな」って思ったり。
「ぷっ!」と吹き出して大笑いしたり、「なんだかほっとする」って事もたくさんあります。

大昔に反抗期を通り過ぎた私にとって、やはり両親はかけがえのない人たちなのですね。
「それを言っちゃあおしまいよ」って事を言われても。
「結局は許してしまう」のは、肉親だからこそなのだと思います。

憎しみと愛しさは、背中合わせ。
「許す」という許容範囲が広がったのは、私が年を重ねたから。
両親と向き合う時間が、「今」であって良かったなぁって思っています。




今日は、とっても良いお天気!
春の日差しが眩しいです。
窓を開けると春の香りが、す〜っと部屋に流れ込むよう。
ベランダに置いた鉢からかすかな土の匂いがします。









14:09  |  つれづれ

ご無沙汰しました

2017.02.26 (Sun)

長い間ご無沙汰してしまい、久しぶりの更新になってしまいました。
その間に新しい年も明けてしまいました。
11月から今まで、更新もしないブログにご訪問していただいた方々、本当にごめんなさい!!!
ご心配かけてしまい、申し訳ないです。
そして、私のことを忘れないでいてくださり、ありがとうございます。
私は元気にしておりますので、ご安心くださいね!







いつものバタバタの毎日の中、12月20日、私の住んでる同じマンションに実家の両親が越してきました。
家財道具はまだ実家に置いたままですが、さしあたっているものだけを車と宅急便で運び、こちらに暮らし始めました。
それはそれはまあ大変!です。

昨年の暮れは息子たちも帰省し、大晦日に手巻き寿司を皆で食べ、私特製のおせちも両親に差し入れし、いい感じに過ごせていました。
多少のドタバタな出来事はありましたが、覚悟していた範囲内。
そんな中、次男の婚約者も来訪してくれ(結婚するようです^^)、いつになくてんこ盛りな感じのお正月でした。

そして、1月7日の早朝、父転倒。
この日から、私の覚悟していた範囲内とは大幅にはみ出した毎日が始まりました。
高齢者は転倒が一番怖い・・・よくわかっていたことなので、この事実に困惑。
父には申し訳ないやらで、後悔と介護の日々。
職場にも大幅に迷惑をかけ、悶々とした毎日を送っていました。
介護保険の手続きなどの事務処理も急いで済ませ、今はヘルパーさんに来てもらって随分楽になりました。
父も最近は調子が良いらしく、やれやれと言うところです。






職場では夫を始め、スタッフが次々とインフルに倒れ、先週はそれでてんてこ舞い。
私も一週間に2度も熱が出ました。
職場の近くの内科にインフルを調べに2度行きました。
どちらも陰性でホッとしましたが、内科の先生に「一週間に2回インフルを調べに来た人は初めてだ」と言われ、恥ずかしかったです。
疲れが溜まっていたようで、熱が下がってからの体がとても楽に感じられ、今日やっとブログを更新する気分になれました。


どんよりとしたグレー色の毎日でしたが、今日は春っぽい日差しが一段と増したせいか、やっとピンク色が生活の中に入って来たようで嬉しいです。明日は桜餅でも買ってこよう^^



昨日の日経新聞の夕刊を今朝取り込み、ぱらっと開いてみると、「文学周遊」の記事の真ん中あたりの「祐也さんは私の髪の雪をはらった。」と言う文字が目に飛び込んできました。

佐々木丸美さんの小説「雪の断章」の一節だそうです。
なぜかこの一文が、今の私のツボにはまり・・・。
夢中で記事を読み、この小説の中でこの文を選んだ編集者の方の名前を確認。
と言っても、確認しただけです。
どなたが書かれたのかなって思っただけで。


購入して読んでみようかなぁ。



そんな心の余裕も出てきた今日この頃。
皆様はお変わりないですか?
明日から少しずつですが、足跡を残してくださった方のところにご訪問しようと思っております。



本当にご訪問、ありがとうございました!
まだまだ、寒暖の差の激しい季節。
お身体十分ご自愛くださいね^^



21:06  |  つれづれ
 | HOME |  NEXT